離婚と戸籍・氏

 戸籍は【戸籍法】という法律に規定され、日本国籍を持つ日本国民の出生・死亡、親子関係や養子関係、婚姻・離婚などの身分関係を証明するものです。
戸籍の事務は法務省所管の事務で、日本各地の法務局で分掌しています。  さらに、この事務を地方公共団体へ委任しているため、市区町村長が戸籍事務を管掌し、戸籍に関する届出は市区町村の役所となります。

届出による戸籍への記載・・・婚姻や協議離婚は、市区町村長へ届け出ることにより成立し、戸籍に記載されますが、調停・審判・判決により成立した離婚は、市区町村長へ届出(報告)することにより戸籍に記載されます。

離婚による復氏と離婚時の氏

離婚による復氏・・・婚姻する場合は、婚姻届を市区町村長へ届け出ることにより新たな戸籍が編成され、婚姻の際に定める夫婦どちらか一方の「氏」に変更され、夫婦が同一の「氏」となります。(夫婦同氏の原則)   離婚届けがあると、婚姻によって氏を改めた側は、当然に婚姻前の氏に戻ります。  例えば「○○花子」は、「××太郎」と婚姻することにより「××花子」となりますが、離婚すると当然に元の「○○花子」となります。

離婚時の氏を称する(婚氏続称)・・・離婚により婚姻前の氏に戻った夫又は妻は、離婚から3ヶ月以内に届け出ることにより、婚姻中の氏を称することができ、新たな戸籍がつくられます。上記の例で、「××太郎」と婚姻して「××花子」となった花子は、離婚すると当然に「○○花子」となりますが、離婚から3ヶ月以内に届け出ることにより、「××花子」に変更できるということです。  これは、離婚後に氏が変わると社会生活上支障を生じる可能性があることや養育する子と氏が異なることによる不都合を救済するための民法上の規定です。  なお、婚姻中の氏を称することは離婚した相手の同意や承諾は不要です。

離婚により復氏した者、婚氏続称した者の氏の変更・・・離婚による復氏後3ヶ月を経過してから婚姻中の氏へ変更する場合や離婚により一旦婚姻中の氏を称する事を届け出た者が婚姻前の氏に戻る場合には、家庭裁判所へ「氏変更許可」を申し立てる必要があります。 

「民法上の氏」と「呼称上の氏」・・・氏の取得や変動は民法により定められており、戸籍の変動の基準となる氏を「民法上の氏」といいます。  民法の定めに基づき、出生時には父母の子として父母の氏を取得し、婚姻という身分変動により夫又は妻の氏に変わり、離婚という身分変動により当然に婚姻前の氏に戻ります。  また、養子縁組の場合も同様に養子縁組という身分変動により養親の氏に変わり、離縁という身分変動により縁組み前の氏に戻ります。 この民法定めによる身分変動による氏を「民法上の氏」といいます。 一方、「呼称上の氏」は戸籍に記載された氏をいい、この「呼称上の氏」の変更には、普通は家庭裁判所の許可が必要となりますが、離婚の際には届出により婚姻中の氏をそのまま称することができ「呼称上の氏」を変更することができます。  たとえば、「××花子」は、民法規定により離婚という身分変動により当然に婚姻前の「○○花子」(民法上の氏)となりますが、婚姻中の氏を称する届出をすることにより「××花子」(呼称上の氏)に変更でき、戸籍にはこの「××」の氏が記載されます。   よって、民法上の氏=○○、呼称上の氏=××となり、「民法上の氏」と「呼称上の氏」は一致しなくなります。
普通は、「民法上の氏」と「呼称上の氏」は一致していますが、このような場合には一致しなくなります。  また、この「××」の氏は、離婚した夫の「××」の氏と同一字体同一呼称ですが、民法上は異なる氏として扱われます。  だから「××」という氏を使うことは離婚した相手の同意や承諾は不要なのです。    

子の氏と戸籍

子の氏・・・婚姻関係にある夫婦間の子は、出生により父母の氏を称します。=(親子同氏の原則)  婚姻関係にない夫婦間の子の場合は、母の氏を称しますが、父の認知により家庭裁判所の許可を得て父の氏を称することができます。  離婚後に生まれた子は、離婚の際(婚姻中)の氏となります。

戸籍と親権者の関係・・・離婚をすると、婚姻の際氏を変更した者が戸籍から除籍され、婚姻前の戸籍に復籍するか、新たな戸籍がつくられます。  たとえば、婚姻により妻が夫の戸籍へ入籍した場合、離婚すると妻が夫の戸籍から除籍され、婚姻前の戸籍に復籍するか、その戸籍がない場合は新たな戸籍がつくられます。  夫婦に子がある場合も除籍されるのは妻だけです。 未成年の子がある場合の離婚は、父母のどちらかを親権者と定めなければなりませんが、妻が親権者となって子を引き取っても、やはり同様に妻が除籍されるだけで、子は父(夫)の戸籍に残り父の氏となります。 親権者が誰かということと戸籍や氏は関係がないのです。

親権者の戸籍に子を入籍させる
離婚により父の戸籍に子がある場合、親権者の母の戸籍に入籍するには、まず、家庭裁判所で子の氏の変更許可を得て、子と母の氏を同じにし、市区町村長へ入籍届をして母の戸籍に入籍します。   この場合、子の「民法上の氏」は父と同じであり、「呼称上の氏」は母と同じになるということです。   離婚により氏の変わった母が、離婚後の届出により婚姻中の氏(夫の氏)を使っている場合でも、やはり同様に家庭裁判所で子の氏の変更許可を得て、入籍届をすることになります。   母と子が同じ氏なのにどうして子の氏を変更しなければならないかといいますと、子の氏と母の氏は同一字体同一呼称ですが、民法上の氏が異なるため異なる氏として扱われるためです。

母の身分変動又は氏の変動 子の氏の
裁判所の変更許可
民法上
の氏
呼称上
の氏
民法上
の氏
呼称上
の氏
入籍している戸籍 民法上
の氏
呼称上
の氏
婚姻前 A1 A1 B B
婚姻中 A1 A1 A1 A1 A1 A1
離婚後
復氏により
婚姻前の氏
なし A1 A1 B B A1 A1
あり A1 A1 B B A1 B
離婚後
婚氏続称の
届出による
婚姻中の氏
なし A1 A1 B A2 A1 A1
あり A1 A1 B A2 A1 A2

※A1とA2は同一字体同一呼称の氏を指す。 例えばA1=佐藤、A2=佐藤であるが民法上は異なる佐藤として扱われる。

このページの先頭へ戻る